日本柔術



menu

About

最高の武道

ShinKen 日本柔術

日本柔術は、さまざまな攻撃から身を守るためのテクニカルな防御術であり、日本の伝統的な武道です。 古代日本では、武器から身を守る技として、武士の訓練に不可欠な要素でした。 柔術の歴史は奈良時代(710年から794年頃)に始まりました。 柔術の多くの形態は、剣や槍などの長い武器やその他の小さな武器の受け流しや反撃を教えていました。 武道が打撃技術に集中していた中国や沖縄の近隣諸国とは対照的に、日本柔術の形式は、打撃だけではなく、投げ、関節技、組みつき、窒息技の技術にも重点を置いていました。

真拳道柔術とは? 真拳道柔術は、通りを歩いているときに突然襲われた場合などに身を守るために考案された新しい護身術をシステム化したものです。 例えば攻撃者がナイフなどを持っている場合と持っていない場合の両方を想定したあらゆる防御方法が考えらえれています。 定期的な練習をすることによって 真拳道柔術はさまざまな年代の人たちの助けになります。 自己を管理することで自分に自信が持てるようになり、精神的にも集中力を高めることにつながります。 また健康促進やトータル的なフィットネスプログラムをご提案します。

強い男性のためのものではなく、女性や小柄な人に有利な護身術を学ぶための非常に実践的なトレーニングです。 さまざまな攻撃方法、防御、拘束術、関節技や投げ技などを生徒の力量に応じて練習します。 ほとんどの武道は年代や性別等、特定の人たちによるものであるのが特徴ですが、真拳道柔術は、ほぼすべての年代、性別を問わず、日常起こりうる攻撃や防御を想定し、トレーニングを行います。